市ヶ谷・四ツ谷で頸椎症・頸椎ヘルニア・首の痛みなどでお悩みの方は当院にお任せください。

【東京・市ヶ谷】首の痛みや頸椎症にお困りで鍼灸院をお探しの方へ

こんにちは。

東京・市ヶ谷駅から徒歩2分の首の痛みや頸椎症を専門とする鍼灸院「かごしま鍼灸治療院」院長の伊藤康弘です。

今回は、当院にお越しいただいているお客様の症状の中で圧倒的に多い、スマホ首・パソコン首や頸椎症の特徴と当院の施術についてご紹介していきたいと思います。

 

かごしま鍼灸治療院について

東京都千代田区にある「かごしま鍼灸治療院」は、首の痛みや頚椎症・頚椎ヘルニアを専門とした鍼灸院です。JR・東京メトロ・都営地下鉄が乗り入れる東京・市ヶ谷駅から徒歩2分という、どこからでもアクセスしやすい場所にあります。また、平日・月曜〜金曜日は、夜20時まで営業しているため、お仕事帰りにも通うことができます。

国家資格である鍼灸師と柔道整復師の資格を持つ院長が最後まで責任を持って施術を行います。これまでに施術したお客様の数は、50,000人以上と多数の施術実績があります。また、副院長の伊藤千裕は、鍼灸師の資格を持つ女性鍼灸師ですので、冷え性や生理痛など、女性特有のお悩みに寄り添うことができます。女性の方もお気軽にご相談ください。

鍼灸は初めてで不安な方や自分の症状が鍼灸で改善されるのか知りたい方には、LINEでの無料相談を受け付けております。実際にご来院いただく前に少しでも不安や疑問がある方、手の痺れ・腕の痺れ、首の痛みや頸椎症・頸椎ヘルニア、不眠などの症状でお困りの方はお気軽にご相談ください。お問い合わせを頂いてからおよそ24時間以内に、院長自ら返信いたします。LINEの無料相談では、ご予約を強制したり、料金がかかるといったことは一切ございません。安心してご利用くださいませ。

これまで病院や他の鍼灸院・整体院等に通ったけれども全く改善されなかったという方も、是非一度当院にご来院・ご相談ください。当院に通院して、今まで改善されなかった症状が和らいだり、無くなったりした方も多数いらっしゃいます。お客様がより健康になり笑顔で過ごせるよう施術を通してしっかりサポートさせていただきます。

 

 

当院にお越しになるお客様の特徴

当院にお越しになる方の8割〜9割の方が、首の痛みや頸椎症・頸椎ヘルニアでお悩みになっている方です。中には病院や他の鍼灸院・整体院などに行ってもなかなか症状が改善されず、諦めてしまっていたという方もいらっしゃいます。このコラムをお読みになっている方も、首に関する何らかの症状でお悩みなのではないでしょうか。ここでは、スマホ首・パソコン首、頚椎症・頚椎ヘルニアの症状について詳しく解説していきます。症状があてはまる方は、必ず当院がお力になることができます。是非一度お気軽にご相談ください。

 

スマホ首・パソコン首とは?(ストレートネック)

スマートフォンが広く普及した現在、「スマホ首」・「パソコン首」という言葉を皆様一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。スマホ首・パソコン首とは、スマートフォンやパソコンを使い続けることにより、首の痛みや肩の痛み、手の痺れ・腕の痺れなどの症状が起こることです。正式名称は、ストレートネックと言います。

ストレートネックとは、本来はゆるやかにカーブしているはずの首が、真っ直ぐになってしまった状態のことを指します。現代はIT化が進み、日常的にパソコンやスマートフォンを使うようになりました。その結果、日本人のおよそ8割〜9割にスマホ首・パソコン首の兆候があると言われています。

実際に当院に通院されている方の多くは、デスクワークの中心の仕事をされている方です。働き盛りの40〜50代の方が圧倒的に多いですが、最近では20代〜30代の若い世代も増えてきています。また、スマホ世代である10代や主婦の方もスマホ首の症状でご来院いただいています。

 

スマホ首・パソコン首のセルフチェック方法

首の痛みや手の痺れ・腕の痺れなどの症状がでないとなかなか気づきにくいスマホ首・パソコン首。自分が現在、スマホ首・パソコン首であるかどうか簡単にセルフチェックできる方法をご紹介したいと思います。

やり方はとても簡単で、壁がある場所ならすぐにセルフチェックすることができます。真っ直ぐな壁に背中をあわせて、「気をつけ」の姿勢をとるだけです。正常な首の場合、上から後頭部・肩甲骨・お尻・かかとの4点が自然に壁につきますが、スマホ首・パソコン首といったストレートネックの方は、後頭部が壁につきません。首を壁につけようとした場合、意識して首を倒さないと壁に後頭部をつけることができないのが特徴です。是非、試してみてください。

最近では、コロナによる自粛要請で、リモート勤務が1ヶ月ほど続いたという方も多いのではないでしょうか。職場では、パソコン作業のしやすいデスクとチェアが用意されていましたが、急なリモート勤務で、自宅に快適な作業環境を整えることができず、身体に合わないデスクやチェアで長時間仕事された方もいらっしゃることでしょう。その結果、当院でも自粛明けから首の痛みや違和感を感じてご来院される方が非常に増えています。

今、少しでも首の不調を感じている方は、お早めにご相談・ご来院ください。当院では一時的に症状を和らげるのではなく、施術と併せて、今後スマホ首・パソコン首が再発しないための予防法をお伝えしております。

 

 

頚椎症・頚椎ヘルニアとは?

「頚椎症」と「頚椎ヘルニア」、この2つは非常によく似た症状の病気です。頚椎症も頸椎ヘルニアも、肩こりや首や肩甲骨の痛みがあり、首を動かすことで痛んだり、首が動かしにくいなどの症状、手の痺れ、腕の痺れが起こることが特徴です。また、重症化すると歩行障害や足の痺れなど、首から離れた足にまで症状がでてくる場合もあります。

まず、頸椎症の原因からご紹介していきます。頸椎症は、頭を支えるための骨である頸椎同士をつなぐ、クッションの役目をしている椎間板の変形によって起こります。椎間板の変形は、20歳頃から少しずつ変形していく加齢現象で、誰にでも起こります。変形が進むにつれて、椎間板がつぶれたり、ヒビが入ったりすることにより、頸椎にも変形が起こってしまいます。その結果、頸椎に骨の出っ張りである骨棘というものが生じ、これが神経の出口に触れることによって神経根症が起こり、脊髄の通り道である脊柱管に触れて圧迫して狭まってしまうことにより、首などへの症状が発生します。

また、頸椎ヘルニアは頚椎症と症状は同じですが原因が異なります。頸椎ヘルニアの場合は、椎間板が変形する際にヒビが入ってしまい、そこから内容物がでてくることでヘルニアが起こります。加齢による変形以外にも、衝撃や負荷がかかることによって発生する場合もあります。

先ほどご紹介した、スマホ首やパソコン首が原因の首の痛みやコリを放っておくことにより悪化し、頸椎症や頸椎ヘルニアとなってしまうことがあります。首に少しでも違和感を感じた際には早めの対処をおすすめします。

また、病院に行っても頚椎症・頚椎ヘルニア症状が改善されずに諦めてしまっている方でも、当院へ是非一度ご相談ください。首の痛みや頸椎症専門の鍼灸院としてたくさんのお客様の症状を改善してきました。長年続いてきた首の痛みや不調を一緒に改善していきましょう。

 

首の痛み・頸椎症専門の鍼灸院「かごしま鍼灸治療院」の施術

さて、ここからは、スマホ首・パソコン首などによるストレートネックや頚椎症・頚椎ヘルニアの方への当院の施術方法をご紹介していきます。

スマホ首・パソコン首への施術

まず初めに、ご来院いただいた際には、お客様の生活環境についてヒアリングさせていただいております。どのような姿勢でお仕事やスマートフォンやパソコンなどの操作をされているかなど、身体に当てはめながら全体を確認していきます。首の痛み以外にも不眠や眼精疲労など、身体の不調について何でもご相談ください。

その後、頸椎や骨盤などに連動している筋肉や関節の硬さをほぐしながら、動きの改善を行います。また、内臓の調整を行うことで、今後自分で回復していくための力を高めていきます。

当院で施術を受けて症状が改善されれば、この先ずっとスマホ首・パソコン首にならないという訳ではありません。今後の日常生活の中でスマホ首・パソコン首にならないためにご自身で実践できる予防法があります。当院で施術を受けて症状が改善された後も、安心して日常生活が送れるように再発しないためのアドバイスもお伝えしております。

かごしま鍼灸治療院は、ずっと通っていただくことを目的とした鍼灸院ではありません。症状が改善した後もしっかりサポートしていきますので、症状の改善と共に、通院回数を減らしたり、通院をなくすことができる鍼灸院です。現在、他の整体院や鍼灸院に通っているが、なかなか症状が改善されない方は、是非一度当院へお越しください。

 

頚椎症・頚椎ヘルニアへの施術

頚椎症・頚椎ヘルニアと病院で診断され、保存療法や電気施術、温熱施術、牽引施術といった様々な施術を経験した方もいらっしゃるのではないでしょうか。これらの施術で改善されればいいですが、中には症状が改善されるどころか進行してしまったという方も多くいらっしゃいます。

当院では、頚椎症・頚椎ヘルニアの悪化に伴い、首・後頭部の痛みや肩の異常なコリ、肩甲骨の痛みを感じている方、力こぶの筋肉や二の腕、指先にジワジワする痺れ感、手袋をつけているような感覚がある方、耳鳴り・めまい・頭痛・目の奥の痛みがある方、精神的に辛い方などの症状がある方にご来院いただき、症状を改善させてきました。

かごしま鍼灸治療院では、「小松式複合施術」という鍼灸施術を行なっています。小松式複合施術は、頚椎症・頚椎ヘルニアによって圧迫された神経に対して、適切に鍼をすることにより、凝り固まった筋肉の緊張をほぐしながら、痛みの原因となっている物質を除去していきます。また、血行をよくしたり、靱帯の緊張を緩ませるなどの効果があります。

また、整体によって骨格の歪みを調整します。もし、鍼にどうしても抵抗があるという方は、整体のみの施術も行うことができますので、お気軽にご相談ください。

 

どのくらい通うと改善されるのか?

 

これから鍼灸での施術を受けることを検討されている方が一番気になるのが、どのくらい通うと症状が改善されるのかということではないでしょうか。当院にお越しになる頚椎症・頚椎ヘルニアの方は、病院で注射をしたり、処方された薬を飲んでも首の痛みや手の痺れ・腕の痺れが改善されずにお悩みの方が多数いらっしゃいます。

まず、施術期間はおよそ1ヶ月〜3ヶ月です。当院では1クール5回となっており、通い始めはなるべく間隔を空けずに通っていただいています。一番理想的な施術ペースは週に2回です。多くの方が、この最初の1クール5回の施術で効果を感じています。症状の改善具合にあわせて、週に2回ペースだったものを週に1回、2週間に1回と徐々に間隔を広げていきます。

効果としては、ほとんどの方が2クール10回の施術で痛みの軽減を感じられています。また、およそ半数の方は、これまで悩んでいた首の痛みや手の痺れ・腕の痺れといった症状が消えています。

最初の1クール目、週に2回ペースのご来院は大変かもしれませんが、かごしま鍼灸治療院では、皆様が継続して通いやすいよう平日は10:00〜20:00、土曜日は10:00〜17:00まで営業しております。また、東京・市ヶ谷駅徒歩2分の位置にあり、お仕事帰りにも立ち寄りやすい立地です。

頚椎症・頚椎ヘルニアを専門とした鍼灸院として、これまで多くの方の首の痛みや不調を改善してきました。色々試しても症状が改善されなかった方も、まずはお気軽にご相談ください。一緒に症状を改善していきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回のコラムでは、スマホ首・パソコン首をはじめとするストレートネックや頚椎症・頚椎ヘルニアについての解説と、当院で行っている施術方法やどのくらい通うと症状が改善されるかについてご紹介しました。当院は首の痛みでお悩みの方専門の鍼灸院となっております。もう症状が改善されないと諦めてしまっている方もまずは一度、電話・メール・LINEからお気軽にお問い合わせください。ご相談いただいてから症状が改善されるまでスタッフ一同しっかりサポートさせていただきます。

一覧