市ヶ谷・四ツ谷で頸椎症・頸椎ヘルニア・首の痛みなどでお悩みの方は当院にお任せください。

頸椎症、頸椎ヘルニアの方へ日常生活でのちょっとしたアドバイス。

こんにちは。

 

東京・市ヶ谷駅から徒歩2分の「首の痛み・頸椎症・頸椎ヘルニア専門鍼灸院」のかごしま鍼灸治療院、院長の伊藤です。

 

今日は普段、頸椎症、頸椎ヘルニアや首の痛みでお困りの方へ、こうすると日常生活が楽になる、首への負担を軽減する方法をいくつかお伝えしますね^ ^

 

師も勧める治療法で、あなたの身体を変化させるきっかけに!

特に現在、緊急事態宣言もあり在宅勤務、リモートワークで首や肩にいつもと違う痛みや凝り感を感じているかたも多いのではないでしょうか?

 

前々にも記載しましたが、会社と自宅のデスクと椅子のサイズ感は異なることは多くそこで一番に負担、ストレスを増大するのが首(頸椎)です。

 

自粛も続いた中、毎日首が辛い症状でも我慢してこられている方も多いでしょう。

 

その中でも、不要不急ではない必要な施術と通院を頸椎症や頸椎ヘルニアのつらい症状を改善のため多くのお客様に施術、アドバイスをさせていただいています。

 

その生活の中で出来るちょっとしたアドバイスをいくつかお伝えします。

 

・首、肩に合う椅子を選ぶ

ポイントは背もたれが肩甲骨のいちばん下よりも高いこと

背もたれが、少々垂直に立ち上がったあと、後ろに傾斜している

 

・スマホは高く持つ、パソコンは目線を画面と平行に調整する

深めに腰かける

肘が肩の下にくる位置にキーボードを置く

 

・枕選びのコツ

症状の出にくい姿勢が保持できる枕を使うのがポイントです。

しかし、枕に関していくら良い枕でも合わない事も多いので枕が合う合わないは使って見ないと分からないというのが正直のところですが

 

基本的には

 

上を向くと症状が強くなる場合は高めの枕を使う

下を向くと症状が強くなる場合は低めの枕を使う

横向きの場合は首が下がる、落ちる枕は避ける

 

これもタオルを三つ折りにして高さを調節して使うこともおすすめしています。

 

・腕をブラーンと下ろしているとに痛み、痺れが増す場合

 

これは首、頸椎から上肢に流れる神経が上肢の重みで牽引され痛み、痺れが増す場合があります。そういった時は片方の腕で痛い方の上肢の肘を支えてあげたり、自宅にいるときは吊るしてあげたりすると神経の興奮が改善しやすくなり症状も落ち着いていくこともあります。

 

・症状がない方にバックを持つ

 

といったアドバイスを一部ではありますがお伝えしています。

 

在宅勤務で不調を感じてらっしゃる方々へ少しでも症状が軽くなっていただければ嬉しいです。

 

また、かごしま鍼灸治療院では、ご来院されるお客様が引き続き安心して施術を受けて頂けますよう最大限の新型コロナウイルス感染対策を行って参ります。

 

また、初めて行かれる鍼灸院にはまずいろいろな不安もおありと思います。

 

 

まずは不安を取り除きお客様からの信頼、ご理解を得た上で施術スタートすることが最も大切です。

 

ご不明点、ご相談含め、当院ホームページよりLINE、メール、またはお電話でいつでもお問い合わせくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧