市ヶ谷・四ツ谷で頸椎症・頸椎ヘルニア・首の痛みなどでお悩みの方は当院にお任せください。

首の痛みの日常での予防・改善法

こんにちは。

 

東京・市ヶ谷のかごしま鍼灸治療院の伊藤です。

 

今回は首の痛みや肩凝りでお悩みの方へ、予防、改善法を生活の中で出来ることをお伝えしたいと思います。

 

首の痛みも日常の姿勢を少し気をつけたり運動を行うことで痛みが軽減、改善出来る事も多々あります。

 

一般的に、首の痛みや頸椎症の原因の多くは首へ負担がかかる姿勢の持続で筋肉の疲労やストレスがほとんどです。

 

日常で改善したいことは

 

・デスクワーク時の姿勢

パソコンを操作する時、座る姿勢や画面とキーボードの高さ、目線がとても重要になってきます。一番注意しないといけない事がずっとパソコンを見ていると「前屈みの姿勢」になりがちです。この姿勢が長時間続くと筋肉の疲労だけでなく、頸椎症や頸椎ヘルニアを起こす可能性も高まります。そのため、一度デスクで作業を始めたら「30分に一度椅子から立ち上がり深く座りなおしてあげる」ということを心掛けてみて下さい。深く座り直すことで骨盤が立つので首への負担も減るので効果的です。

 

・洗濯を干す時に一工夫する

洗濯を干す際に、洋服を一枚一枚干すごとに首を上へ反らしてしまうと基本的に頸椎を後屈させることは筋肉や靭帯を痛め炎症を引き起こす原因にもなります。

できるだけ上を向く姿勢を控え、「ハンガーにすべて掛けてから干し掛ける」「低い所に干す」など工夫をする事で、かなり首の負担を減らせます。

 

・通勤電車のスマホ時間を短縮する

朝の通勤電車の周りを見渡すとスマホを操作する人が多いですよね。

こちらもパソコン作業と同じで前かがみの姿勢に注意です。

 

首の痛みや首のコリを日頃から感じている方は何かしらのケアを早めに対処してあげてください。自覚症状や前触れがない突如、何らかのタイミングで首に激痛が走ったり、腕の痛みで夜睡眠が取れなくなったりと頸椎ヘルニアに移行してしまうことも少なくありません。

 

ですので、早めの施術で重い症状にならないよう注意してください。

 

先ほど言いました、日常生活3つの注意点は首の負担を減らすうえで大切なことなので運動不足を感じている方は特に意識してみてくださいね^ ^

 

 

 

一覧